03.バックドアリダイレクト機能で注意しなければならないアフィリエイトリンク – オリジナルワードプレス プラグイン Stealth Redirect Press
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略

03.バックドアリダイレクト機能で注意しなければならないアフィリエイトリンク

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
便利なバックドアリダイレクト機能ですが、注意しなければならないアフィリエイトリンクがあります。
それは、インプレッションタグ付きのアフィリエイトリンクです。

ランファランファ
インプレッションタグですか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
インプレッションタグというのは、広告がどの程度表示されたかを計測するためのタグというかコードです。
例えば、広告が100回表示されて、5回クリックされた、ということが計測できます。
通常、広告が100回表示されて、100回クリックされるということは有り得ません。

ランファランファ
なるほど。アクセスカウンタ的なものがあるわですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。アフィリエイトASPの中にはアドフラウド対策としてインプレッション数とクリック率が明らかに異常な数値に達すると、自動的に広告配信が停止されるところもあります。
異常な数値=不正というルールがない場合はいいのですが、ある場合は100%バックドアリダイレクトさせるのではなく、1%や5%といった自然な確率でバックドアリダイレクトをさせる必要があります。

ランファランファ
100%ではなく、確率的に機能させた方がいいわけですね。
そういった機能はあるのでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。
確率的に機能させることももちろんできますよ。

ランファランファ
ちゃんと考えられているんですね!

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
また、Google アドセンスのようなクリックをスクリプトで検知しているタイプのものについては使用できません。
理由はクリックをスクリプトで検知しているためです。ユーザーのクリック座標位置などがASPに送られるためiframeタグでのアクセスは不向きです。
ステルスリダイレクトプレス自体は不正を助長するためのツールではありませんが、使い方によっては誤解を生んでしまう可能性があるため十分ご注意下さい。バックドアリダイレクトの確率設定については後述します。

ランファランファ
Google アドセンスにはなぜ使えないのでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
一番の理由はGoogle アドセンスはアフィリエイトではないからです。
またクリックした時点で報酬が発生する仕組みであり、その検知はCookieではなくスクリプトで行われています。仕組みがそもそも違うんです。
しかし、Google アドセンスについてはバックドアリダイレクト機能ではなく、条件付リダイレクト機能は有効です。
条件付リダイレクト機能については後述します。

コメント

記事に戻る

コメントを残す