16.条件付きリダイレクト機能はどんなシチュエーションで使うべきか? – オリジナルワードプレス プラグイン Stealth Redirect Press
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略

16.条件付きリダイレクト機能はどんなシチュエーションで使うべきか?

ランファランファ
バックドアリダイレクト機能に続いて、条件付きリダイレクト機能について教えて下さい。
条件付きリダイレクト機能はどんなどんな場面に使うんでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
条件付きリダイレクト機能は、アクセスしてきたユーザーのリファラーを判定してリダイレクトさせる機能です。
リスティング広告経由やアンテナサイト経由を判定して、任意のページにリダイレクトさせることができます。

ランファランファ
バックドアリダイレクトとは違い、実際にページ遷移するわけですね?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。
バックドアリダイレクトとの大きな違いは条件付きリダイレクト機能では、実際にページ遷移が発生します。

ランファランファ
どんなシチュエーションで使うべきなのでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
条件付きリダイレクト機能はリファラーを判定してリダイレクトする機能ですので、リスティング広告との相性が抜群です。
リスティング広告には追跡用にパラメータを付けることができますので、リスティング広告経由のユーザーを任意のURLにリダイレクトさせることができます。
例えばアフィリエイトが禁じられているリスティング広告であっても、リダイレクトして迂回させることで審査を通過できる可能性もあります。
また、リスティング広告のLPのURLを変えずに、PCとモバイルユーザーを判定して、それぞれ別のLPにリダイレクトさせることもできます。
その他、有害なサイトからリンクを貼られた場合に、そこから来たユーザーをリダイレクトさせることもできます。
アイデア次第で色んな使い方ができます。

ランファランファ
なるほどー。いろんな使い方ができそうですね!

コメント

記事に戻る

コメントを残す