19.条件付きリダイレクト機能 条件の指定方法 – オリジナルワードプレス プラグイン Stealth Redirect Press
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略

19.条件付きリダイレクト機能 条件の指定方法

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
リダイレクトさせる条件の指定方法ですが、ダッシュボードの左サイドメニューの [ Stealth Redirect Press ] → [ 設定 ] をクリックして設定画面を開きます。
[ 条件付きリダイレクト設定 ] タブをクリックします。
「1. リダイレクトするリファラー(URL)パターン」で、条件を指定します。

ランファランファ
条件はどのように指定すればいいのでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
書式ですが、「デバイス::パターン::リダイレクト先URL」の順に記述します。「::」は区切りを意味します。
改行で複数指定が可能です。
例えば、ユーザーが「https://foo.com/mobile/」といったページから自サイトへ訪問したとします。
ユーザーの中で「https://foo.com/mobile/?ad-id=01234」というパラメータを持ったユーザーだけを判定してリダイレクトしたい場合は以下のようにします。

pm::https://foo.com/mobile/?ad-id=01234::https://stealth-redirect-press.wp-pl-demo.site/wp-content/plugins/mhs-stealth-redirect-press/cookie.html

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
この設定では、「https://foo.com/mobile/?ad-id=01234」のリファラー情報を持ったユーザーは「https://stealth-redirect-press.wp-pl-demo.site/wp-content/plugins/mhs-stealth-redirect-press/cookie.html」に飛ばされます。
ただし、「https://foo.com/mobile/?bar=1&ad-id=01234」のリファラー情報を持ったユーザーは無視されます。
なぜかというと、パターンが違うからです。

ランファランファ
「::」区切って順番に指定してあげればいいんですね。


阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。因みに先頭の「pm::」というのは「PC」または「モバイル」ユーザーと言う意味です。
「pm::」はPCとモバイルユーザーの両方が対象という意味で、「m::」とするとモバイルユーザーだけが対象となります。


ランファランファ
なるほど。
最初は「pm::」か「p::」か「m::」のいずれかを指定すればいいわけですね。


阿修羅ワークス阿修羅ワークス
はい。
あと、パターンを完全なURLにしてしまうと完全一致でないと条件がマッチしません。そこで部分的にマッチさせて判定した方が便利だったりします。

pm::ad-id=01234::https://stealth-redirect-press.wp-pl-demo.site/wp-content/plugins/mhs-stealth-redirect-press/cookie.html

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
上記のようにすると、

https://foo.com/mobile/?ad-id=01234 https://foo.com/mobile/?bar=1&ad-id=01234 https://bar.com/?ad-id=01234 https://bar.com/mobile/?ad-id=01234/

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
であっても条件にマッチします。大文字と小文字は区別されるので注意して下さい。
リダイレクトさせたいURLは自サイトでも外部サイトでもOKです。

コメント

記事に戻る

コメントを残す