21.条件付きリダイレクト機能 条件の指定方法3 – オリジナルワードプレス プラグイン Stealth Redirect Press
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略
1クリックで2アクセスのリダイレクト新戦略

21.条件付きリダイレクト機能 条件の指定方法3

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
条件付きリダイレクトの条件設定では注意すべきことがあります。
それは無限リダイレクトさせてはいけないということです。
自分のWordPressのURLが以下の通りだったとします。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
例えば、以下のような設定は無限ループしてしまいます。

pm::https://hoge.com/::https://hoge.com/

ランファランファ
なるほどー条件とリダイレクト先が一緒だと延々とループしちゃいますね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
または

pm::/::https://hoge.com/

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
という指定は駄目です。必ずどのURLにも含まれる文字列=どのページでもリダイレクトが発生するからです。

また、自サイトのページへリダイレクトさせる場合も注意が必要です。

pm::ad-id=01234::https://hoge.com/?ad-id=01234

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
のようにしてしまうと、やはり無限ループしてしまいます。
応用として自サイト内の単純ループはOKです。

pm::ad-id=01234::https://hoge.com/page1/ pm::page1::https://hoge.com/page2/ pm::page2::https://hoge.com/page1/


阿修羅ワークス阿修羅ワークス
のようにすると、リファラーに「ad-id=01234」が含まれている場合は
「https://hoge.com/page1/」→「https://hoge.com/page2/」→「https://hoge.com/page1/」のように連続リダイレクトしてまた元のページに戻ってきます。

コメント

記事に戻る

コメントを残す